バナナフィッシュにうってつけの日

徒然なるままに。虚弱体質の社会人がなんとか生きている記録。

生きることの答え

私なりの「生きる」ことについて、今日ふと答えのようなものに思い至ったので、メモのように残しておきます。 ぱっと浮かんだのは木の枝でした。 「生きる」ということについて私が出した答えはこのふたつです。 「枝を伸ばす」、そして「見返りを求める」。 息をす…

8割の人生

「8割の力でしか生きられない」 というのが私が常に自分に思っていることである。 「普通」の人たちが10割で生きてるとしたら、私は8割しか頑張れない。 例えばフルタイム週5勤務であれば、何週間に1回、「もう無理だ!」と思う日がある。 朝起きて、諸々の準備…

ぐらぐら、客観的に考える

自分が、友達だったらどうだろうって考えた。 目の前に自分がいて、こちらも自分なんだけれど、目の前の自分とは別人格。 頑張らなくていいんじゃないって思うかな、と思った。 時々、自分の体なのに、五感が遠くなる。目の前のものもぼんやりとしか見えなく…

部屋を暗くして考えてみる

暗闇の中にいると心地よい、ということに気が付いた。 子供の頃は、暗い場所が怖くて、電気を消すという行為に抵抗があったのに。 きっかけは、なんとなく明かりが落ち着かなくて、浴槽の電気を消したまま入浴したことだった。 それは祖母も好んでやっていた…

仕事を辞めようと決めた

いいことを思い付いた。 前の職場は割と特殊な職種だったせいか、仕事内容も人間関係も特殊で、今の職場とは比べるのも申し訳ないくらい。 だけど、今の職場もまあまあ色々とこたえる。 若くて根性なしだなって言われるかもしれないけど、不快に感じることに…

小さな秘密

「僕には秘密があるんだ」 シックス・センスという映画に対する評価はふたとおり。 バカバカしい作り物、という反応。 素晴らしい叙述トリック、という反応。 私は後者で、叙述トリックは勿論、セリフのひとつひとつが好きだ。 「秘密」を打ち明けた少年の心を時…

深く理解しようと必死になる

突然、一週間くらい前に読んだお気に入りのアーティストのインタビュー記事を思い出した。 大量のコピーを取りながら、でもその時間私はただコピー機の前で原稿が出来上がるのを待てばいいのだ、と束の間の休息。そんな中で、突然インタビューを思い出した。…

愛されたいと願うこと

以前の私は「愛したい」という気持ちばかりだった。 愛させてくれるのなら見返りなんていらなかったし、迷惑に思われ拒絶されなければずっと愛していられた。(ちなみに誤解を受けそうなので断っておくと、男女共に、恋愛感情なしで、の愛である) 友達が世界の…

ピンキーリング

指が細くてリングが抜けてしまう、という方は結構多いのではないだろうか。 ネットで検索してみても、細いものはなかなか見つからないもので、先日デパートをブラブラしている時に店員さんに訪ねてみた。 意外なことに、NOJESSのピンキーリングは#0や#-1まで…

幸せは自分が決める

少し前まで働いていた所は、本当に複雑な要素が絡まりあって、私の精神をぼろぼろにした。 ぼろぼろにした、と被害者ぶるのもよくないと思うけれど、私の前任者も早く退職したし、やはり何かがズレている場所だったのだと思う。 退職するまで、立っているだ…

大人になった所

当たり前のことなのだけど、他人によって誘発される感情が強すぎて、最近めまいがする。 他人の感情に酔ってしまう、とでも言えばいいのだろうか。 言い方は乱暴だけど、喜んでいる所に水を差されたり、あらぬ噂をさも本当のように囁いてきたり。 好きなもの…

私の感覚の中で「水のような文章」というものがあって、ポール・オースターが最近まさにその感覚で心を満たしてくれる。 久しぶりにサリンジャーを読み直してみようと思って、本棚を探したけれど見当たらず(誰かに貸したまま返ってきていないのだろうと思う)、…

本当に大切な事は誰にも言わない

「とても理屈っぽい」と言われることが多いのだが、その反面直感や感覚をとても大切にするという矛盾を抱えて生きている。 直感はとても鋭い方で、これから起こること、がなんとなく分かることがある。スピリチュアルなことは信じるも信じないも決めていないけ…

自分が自分であることの苦しさ

私にサリンジャーや夏目漱石やサルトルといったものを教えてくれたのは伯父である。 多分私ととてもよく似ていて、同じような所で同じように悩んで生きてきた。 先日、伯父とたまたま話す機会があったので、「なんとなく、今のままではいけない気がする」と軽…

信じたいなら、信じれば。

子供の頃、例えば「お姫様になる」とか「お兄ちゃんと結婚する」とか言っても誰も否定しなかったのではないだろうか。 お姫様になる、は言ったことがないけれど後者は何度か言っていたような気がする。 当時の私にとって楽しく遊べるよい相棒だったに違いない。 …

諦めの悪さについて

「よく頑張ってるよね〜」と色んな人から言われる。両親や友達から、何故かよく言われるこの言葉。 はて、なんのことやら……と思うのだけれど、周りから見ると私は常に変わろうとしているらしい。 「人生こんなものだなって諦めてるよ」 それは「こんなもの」だと思…

痩せ型と憂鬱

156センチより低いくらいの身長で、体重を40kg台でキープするのが難しい。 気を抜くとみるみる痩せていくし、何より食べられない。 「食べろ」 と言われると余計食べたくなくなるし、食事の最中に辛くなってくる。 拒食症などといった摂食障害ではないらしい。…

寂しさを受けいれる

あっさり書いてみたものの、それはとても難しい。 楽しいことが終わったあと、高揚感で無敵かも!と思えても一晩過ぎて朝が来た時にぎゅーーーっと胸が痛む。 ああ、寂しさがやってきたな、と思う。 まさにそんな感じの今朝。 (割愛するけれど昨日まさに一大…

幸せ恐怖症とは……?

私には他人に理解されない思考の癖がある。 「苦痛がないと物足りないと感じる」ことである。 かなり変わっていると思うし、幸せなことが嫌いなわけではない。 ただ、幸せばかりだと何か試練がなければならないような気がしてならない。 小学校中学年くらいの…

ファンレター

私はファンレターをとても沢山書く。 尊敬する作家さん、クリエイター、俳優やアイドルには書いた事は無いけれど、とにかく「好きだ!」「美しい!」と思ったら書きたくてたまらない。 ファンレターの書き方等などもネットにあるけれど、私は(個人的な意見として…

メモリージャー

思い立って検索ワードを入れれば、いつだって美容法やらネットの裏技やら、色んな悩みに答えてくれるのに。 「楽しみ 怖い」とか「楽しみ 憂鬱」とか調べてみても、ヒットしない。 もしかして、「楽しみなことが近付いてくると、その反面終わることが怖くて憂鬱に…