バナナフィッシュにうってつけの日

徒然なるままに。虚弱体質の社会人がなんとか生きている記録。

読書

私の感覚の中で「水のような文章」というものがあって、ポール・オースターが最近まさにその感覚で心を満たしてくれる。 久しぶりにサリンジャーを読み直してみようと思って、本棚を探したけれど見当たらず(誰かに貸したまま返ってきていないのだろうと思う)、…