バナナフィッシュにうってつけの日

徒然なるままに。虚弱体質の社会人がなんとか生きている記録。

信じたいなら、信じれば。

子供の頃、例えば「お姫様になる」とか「お兄ちゃんと結婚する」とか言っても誰も否定しなかったのではないだろうか。

 

お姫様になる、は言ったことがないけれど後者は何度か言っていたような気がする。

当時の私にとって楽しく遊べるよい相棒だったに違いない。

 

例えば今、「私は絶対アイドルになるんだ」と言い出したとする。(雑な例えだけれど)

友達や親はおそらく否定するだろうし、「なれる訳ないよ」と言うのだろう。

けれど、他人が信じているものを否定する権利を、誰が持ち得ているのだろう?

 

それが非倫理的なものであったとしたならば(倫理観の定義も難しいのでそこは大雑把な感覚で目をつぶって欲しい)、「それは違うのでは?」と諭すことも必要かもしれない。

けれど、信じているものが他人を傷付けるようなものでなければ、どんな権限を持ってそれを否定できるんだろう。

 

「できる訳ない」「ただの現実逃避の妄想」

といった言葉や、態度から読み取れる否定によって、“信じているもの”はどれだけぐらついてしまうんだろう。その人の信念、情熱、希望はどれだけ損なわれてしまうんだろう。

どれだけ、不安にさせられてしまうんだろう。

 

不安という感情の扱いにくさについては、これまで沢山経験してきた。

安心した状態ほど、穏やかな状態ほど自分の思い描く「幸せ」に近付いていく準備の整った、余裕のある、いいコンディションだと個人的に思う。

言うなれば「幸せを受け入れる準備」というような。

それを他人の言動や態度ひとつで壊されたくないのだ。

 

全部全部、肯定してほしいのではない。

否定しないでいてくれればいい。

例えそれが、現実的とは思えないものであっても、他人にとって「非現実的」であるだけで、当人にとっては「限りなく現実」なのだから、それは殆ど現実なのだ。

現実を見据えて前に進むことの、何が悪いのだろう。

 

信じたいなら、信じれば。

人間は他人の言動によって左右されがちだから、難しいかもしれないけれど。

ここまで書いていて、思い当たる節があったのでまた後日気が向いたら書き出してみる。