バナナフィッシュにうってつけの日

徒然なるままに。虚弱体質の社会人がなんとか生きている記録。

ピンキーリング

 

指が細くてリングが抜けてしまう、という方は結構多いのではないだろうか。

ネットで検索してみても、細いものはなかなか見つからないもので、先日デパートをブラブラしている時に店員さんに訪ねてみた。

意外なことに、NOJESSピンキーリングは#0や#-1まで対応しているとのこと。

ネットなどでは3号までしかない、など読んだことがあったので驚いた。

 

ピンキーリングが好きになったのは多分高校生くらいの時だったと思う。

メイクやアクセサリーなんて言語道断、という学校だったから、身につけていることはほとんどなかったけれど、小指に小さなリングをすることは、なんだか自分だけの秘密を持っているような気がした。

 

折角気に入ったデザインがあっても緩かったり、落としてしまったり、修理に出して無理やり小さくしたり。

春ぶりに会った友人に「また痩せた?」と言われたくらいだから、サイズダウンしているのかもしれない。

 

販売店でサイズが対応しているなんて珍しいから、勢いのまま買ってしまおうか。

 

今は少し、お守りを増やしたい気分なのだ。